Zettlrからのエクスポート

ファイルのエクスポートは、あなたの文書を他の人に受け渡すために重要なインターフェースとなります。エクスポート機能を使うと:

  1. HTML形式などでファイルをプレビューし、それを印刷することができます。(Cmd/Ctrl+Pを押して印刷すると、内部的にHTMLにエクスポートします。)
  2. WordやOpenDocumentファイルのように、他の人たちが扱えるような形式でエクスポートすることができます。
  3. 例えば(セミナー論文などの)提出用にPDFにエクスポートし、それを印刷することができます。

HTML以外へのエクスポートを行うにはPandocが必要です。加えて、PDFへのエクスポートにはLaTeXも必要です。セットアップガイドを参照してPandocLaTeXをインストールしてください。

ファイルのエクスポート

Zettlrからのファイルのエクスポートは、単一ファイルのエクスポートとプロジェクトのエクスポートの2種類があります。単一ファイルのエクスポートはツールバーのボタンか、Cmd/Ctrl+Eで行います。様々な形式へのエクスポートが可能です(マウスカーソルを重ねるとフォーマットの名前を確認することができます)。カメラのシャッターのアイコンを選択すると、テーマを選択してrevealJSのエクスポートを行うことができます。

The export

2種類目は、プロジェクト全体のファイルをエクスポートする方法です。プロジェクトのディレクトリを右クリックしてプロジェクトをエクスポートを選択します。

PDFのエクスポート時にfile <name>.sty not foundという形式のエラーが表示されることがあります。このエラーは、不足しているLaTeXパッケージをインストールすることで解消することができます。LaTeXパッケージのインストール方法は、このガイドなどを参考にしてください。

出力先の選択

エクスポートしたファイルの保存先をZettlrに指定する必要があります。これには2つの選択肢があります。一時ディレクトリに保存するか、ファイルと同じディレクトリに保存するか選ぶことができますが、どちらもメリットとデメリットがあります。

設定ダイアログのエクスポートタブで設定することができます。

一時ファイルにエクスポートする場合は、後でファイルを削除することを考える必要がありません。なぜなら、一時ディレクトリはコンピュータが定期的に空にしてくれるからです。エクスポート後に自動的にデフォルトアプリケーション(例えば.docsファイルならWord)でファイルが開かれるので、出力結果に満足すれば「名前を付けて保存」を選択して、そのファイルを他の場所に保存することができます。

Markdownファイルと同じ場所にエクスポートしたファイルがあっても気にしない場合は、現在の作業ディレクトリにファイルを保存することもできます。この場合、エクスポートしたファイルは、毎回確認することなく上書きされることに注意してください。

エクスポートをカスタマイズする

Zettlrに内蔵されているデフォルトのテンプレートは、見た目がよく汎用性の高いものとなっています。しかし、Zettlrを使い込んでいくと、出力のレイアウトをカスタマイズしたくなるかもしれません。このドキュメンテーション内に、カスタムテンプレートについての詳しい説明があります。